パパ*パパ

2児のパパの育児あれやこれや。

26日朝に届いた、サンタからの手紙

クリスマス終わりました。

パパママサンタの皆様、お疲れ様でした。

欲しいものの聞き出し、祖父母との調整、プレゼントの手配、家の中の隠し場所の確保、直前になっての「妖怪ウォッチ2真打がいい」という仕様変更への対応、深夜のプレゼント配置など、大変なプロジェクトであったと思います。

それもこれも、子供たちの笑顔を見たいがため。

我が家も25日の朝は大変な騒ぎでした。

特に娘7歳は「いい子にしてないとサンタ来ないんだって」「来るかなぁ…」と直前まで心配していたので、とても喜んでいました。

 

さて、話は変わりまして。

実は私、パパの誕生日がですね、実は今から一週間ほど前にありまして。

クリスマスに近いので、子供の頃は誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントを一緒にされるのは当たり前。酷い時にはお年玉までズレこむこの時期の誕生日の悲劇であります。夏に生まれたかった、と、どうにもならない呪いの言葉をつぶやいたものです。

そのパパに、ママがプレゼントをくれたのです。いや正確には、まだ受け取っていません。

と言うのも、12月の始めにWebで注文したものの、なんらかのトラブルでまだ届いていないらしいのです。バックなんですけどね。

バック、クリスマスには届くはずだったんだけど、ゴメンね…1月になるかも…とママ。いいよいいよ大丈夫ーありがとうーというやりとりを、子供たちの前でしました。

 

そして、今朝。26日朝です。

パパの枕元に、こんな手紙が届いていたのです。

f:id:INO:20141226232648j:plain

 

サンタからです。

 

いや……この字は……娘7歳です。

 

サンタから手紙が来た!と娘7歳をチラチラ見ますが、ふーん、みたいな顔をしています。

「よ」が二度書きされてる!このクセ、どっかで見たなぁ~、と娘7歳をチラチラ見ますが、サンタも二度書きするんじゃない、と朝ごはんのパンを食べています。

「エヘヘ!実はあたし!」みたいな展開を予想していたんですが、まさかのすっとボケです。

あんた、あんたなんだろ!あんたがサンタなんだろ!

と、強くも言えず、楽しみだなぁ…くらいの感じでその場は終わりました。

 

さて、問題は娘7歳の態度です。

サンタ的な行為をしながら、サンタではないと否定しています。

てっきりサンタを信じているかと思ったんですが、実は正体を知っているのか…?

それとも、サンタは信じつつ、自分でサンタを演じてみたのか…?

ただのいたずらなのか、サンタを演じている親へのアンチテーゼなのか?

本人に直接問いただすこともできず、悶々としています。

 

小学2年生となれば、サンタなんて…と言い出す同級生も出始める頃。

バレたのかなぁ…と思うと、だいぶ寂しいです。

でも、代わりに娘7歳がサンタになってすっとボケているのを見ると、人を楽しませるウソをつけるようになったのだなぁ、と、それはそれで成長を感じるのでした。

 

バック、ママが問合せたら、明日届くみたいですよ。

楽しみです。

サンタにもありがとうを言おう。

広告を非表示にする