パパ*パパ

2児のパパの育児あれやこれや。

だから君は行くんだ、微笑んで

アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんが亡くなられた。

娘六歳も息子二歳も、アンパンマンが大好き。

何度も何度も子供たちとテレビアニメを観ているうちに、主題歌や挿入歌も自然と覚えてしまった。

アンパンマンに使われてる歌は、やなせたかしさんが作詞している。主題歌の「アンパンマンのマーチ」も、「アンパンマンたいそう」も。

愛と勇気だけが友達さ、でお馴染みの「アンパンマンのマーチ」だけど、改めて歌詞をじっくり読んでみると、とても深い。

テレビアニメで使われてるのは、実は2番から。1番の歌詞はこうして始まる。

何のために生まれて 何をして生きるのか

答えられないなんて そんなのはイヤだ!

今を生きることで 熱い心燃える

だから君は行くんだ 微笑んで

生まれた意味を求め、今を生きて心燃やす。とても熱い歌詞なんだけど、僕が惹かれるのはその次のフレーズ。

 

「だから君は行くんだ 微笑んで」

 

熱いものをたぎらせながら、歯を食いしばるわけでもなく、涙を見せるわけでもなく、「微笑んで」いる。なんで微笑んでいられるんだろう。

テレビでは流れない3番の出だしは、もっと重い。

時は早く過ぎる 光る星は消える 

だから君は行くんだ 微笑んで

時は過ぎてしまい、星も消えてしまう。

光を失い、暗がりを手探りで進むようなときだって、微笑みを忘れない。

全てを受けいれて、微笑んでいられる。

この微笑みは、強さなんじゃないだろうか。

本当の強さは、力でねじ伏せることじゃなくて、微笑みを忘れないことなんじゃないか。そんなメッセージに聞こえてくる。

やなせさんは童謡「手のひらを太陽に」の作詞もしている。ここにも笑顔が登場する。

ぼくらはみんな 生きている 

生きているから 歌うんだ

ぼくらはみんな 生きている

生きているから 笑うんだ

生きているから笑うんだ。だから僕らは、微笑んで進むんだ。

やなせさんが残した微笑みの強さを、子供たちに伝えていこう。ちゃんとできるかな。まずは僕が笑っていこう。

 

広告を非表示にする