パパ*パパ

2児のパパの育児あれやこれや。

自動販売機をポストだとボケ続けるパパ

公園からの帰り道、娘五歳が自動販売機を指差して「ジュースのみたいー」と言い出した。

 

もう少し歩けば家につくし、そうそう毎回ジュースの欲求には応えていられない。ここは父親として毅然とした態度で接しなければならない。

 

「だめ」

「やだ」

 

正攻法では無理だ。

 

なので、歩きながらここはちょっとボケ続けることにした。

 

「自動販売機なんかあった?」

「あったよ!」

「あったかなぁー」

「あった!」

「わかんなかったなー」

「あったよ!」

「赤いやつ?」

「そう!ジュースかって!」

「あれポストじゃない?」

「ポストじゃない!」

「ポストでしょー」

「ちがいますー」

「赤いし」

「ポストじゃないですー」

「なんか、あったでしょ、手紙いれるとこ」

「ちがいますーてがみいれませんー」

「穴あったでしょ」

「ジュースでるとこですー」

「横がさ、パカッとあいてさ、郵便屋さんが手紙取りに来るでしょ」

「パカッとあきませんー」

「開かないの見たんですかー」

「…」

「開くかもしれないじゃないですかー」

「あきませんー!」

「ポストじゃないですかねー」

「でっかいからちがいますー」

「でっかいから手紙いっぱい入るでしょ」

「はいりませんー」

「ポストでしょー」

「ポストじゃないですー」

 

なんて言い合ってる間に家につきました。

 

冷蔵庫には冷たい麦茶がありましたよ。

広告を非表示にする